電気関係学会 関西連合大会

11/30 – 12/1 に大阪府 大阪市立大学で開催された電気関係学会 関西連合大会において、富山さんが研究成果を発表しました (発表日は 11/30)。

富山葉月,増田豊,石原亨,“待ち行列理論を用いた確率的回路寿命推定シミュレータの高速化,” 電気関係学会関西連合大会, 大阪, 2019年11月.

Prof. Yih-Lang Li 来訪

台湾 国立交通大学のYih-Lang Li先生が研究室を訪問し、”NCTUcell: A DDA-Aware Cell Library Generator for FinFET Structure with Implicitly Adjustable Grid Map”と題した講演を行いました(2019/11/25)。また、standard cell の小面積化とその応用技術に関して、議論しました。

ET&IoT Technology 2019

11/20 – 11/22 に神奈川県横浜市パシフィコ横浜で開催された ET&IoT Technology 2019 において、B4の服部くんと富山さんがポスター発表をしました。

服部直樹, 増田豊, 石原亨, “集積ナノフォトニクスに基づく光ニューラルネットワーク,” ET&IoT Technology 2019, 横浜, 2019年11月.

富山葉月, 増田豊, 石原亨, “確率的回路寿命推定シミュレータの高速化,” ET&IoT Technology 2019, 横浜, 2019年11月.

 

PHOTONICS Workshop in Super Computing 2019 (SC19)

11月18日にアメリカ デンバーで開催されたPHOTONICS Workshopにて石原教授が講演を行いました。講演タイトルは “An Optical Neural Network Architecture Based on Highly Parallelized WDM-Multiplier-Accumulator” です。この講演に対応する論文は近日中に IEEE Xplore で公開されます。

 

研究生の侯 凌霄 (HOU LINGXIAO)君が加入

2019年10月1日から新たな研究室メンバーとして研究生の侯 凌霄 (HOU LINGXIAO)君が加わりました。侯君は今年の9月に中国の大連理工大学を卒業し、来年4月からは本学大学院情報学研究科情報システム学専攻への入学が決まっています。

 

石原研究室 新設

石原研究室(EECS Lab)は名古屋大学大学院情報学研究科に2018年10月に発足した研究室です。 エネルギー効率の良い計算方法 (Energy Efficient Computing) に関してコンピュータのハードウェアからそれを制御するソフトウェアまでを対象に幅広く研究します。特に組込みシステムの設計最適化やオペレーティングシステム(OS)と協調した電力管理技術の研究を推進します。 同じ情報プラットフォーム論講座に所属する枝廣・本田研究室および高田・松原研究室と協力して研究を実施します。