IEEE ISVLSI2020 で発表

2019年12月から3か月間の短期研究生として当研究室で活動したIIT RoorkeeのKhyati KIYAWATさんがIEEE Computer Society Annual Symposium on VLSI (ISVLSI 2020)で研究成果の発表(オンデマンド動画配信)を行いました。発表タイトルは “Real-time Minimum Energy Point Tracking Using a Predetermined Optimal Voltage Setting Strategy” です。この成果はKhyatiさんが当研究室に滞在した3か月間で実施した研究の結果です。

連合大会奨励賞 受賞

富山葉月さん (2019年度卒業生, 発表当時 B4) が、2019年11月の電気関係学会 関西連合大会での発表に対して、連合大会奨励賞を受賞しました。おめでとうございます。

受賞対象論文:

富山葉月, 増田豊, 石原亨, “待ち行列理論を用いた確率的回路寿命推定シミュレータの高速化,” 令和元年電気関係学会関西連合大会, 大阪, 2019年11月.

新入生加入

2020年4月1日から新たな研究室メンバーとして、小森 工 (Komori Takumi) 君、定方 翼 (Sadakata Thubasa) 君、吉末 和樹 (Yoshisue Kazuki) 君が加わりました。

卒論発表会

富山さんと服部君が卒論発表を行いました (2020/02/20)。二人とも無事発表を終えました。

富山葉月, “遅延故障に起因する回路寿命分布の確率的高速推定手法,” 2020年2月.

服部直樹, “ニューラルネットワークの光実装に適した回路構造探索,” 2020年2月.

電気関係学会 関西連合大会

11/30 – 12/1 に大阪府 大阪市立大学で開催された電気関係学会 関西連合大会において、富山さんが研究成果を発表しました (発表日は 11/30)。

富山葉月,増田豊,石原亨,“待ち行列理論を用いた確率的回路寿命推定シミュレータの高速化,” 電気関係学会関西連合大会, 大阪, 2019年11月.

Prof. Yih-Lang Li 来訪

台湾 国立交通大学のYih-Lang Li先生が研究室を訪問し、”NCTUcell: A DDA-Aware Cell Library Generator for FinFET Structure with Implicitly Adjustable Grid Map”と題した講演を行いました(2019/11/25)。また、standard cell の小面積化とその応用技術に関して、議論しました。

ET&IoT Technology 2019

11/20 – 11/22 に神奈川県横浜市パシフィコ横浜で開催された ET&IoT Technology 2019 において、B4の服部くんと富山さんがポスター発表をしました。

服部直樹, 増田豊, 石原亨, “集積ナノフォトニクスに基づく光ニューラルネットワーク,” ET&IoT Technology 2019, 横浜, 2019年11月.

富山葉月, 増田豊, 石原亨, “確率的回路寿命推定シミュレータの高速化,” ET&IoT Technology 2019, 横浜, 2019年11月.