IWLS2020 での発表

2020年7月27日から30日にかけて開催された、29th International Workshop on Logic and Synthesis (IWLS 2020) において、増田助教が研究成果を発表しました。なお、今年の IWLS はオンライン開催となり、発表はオンデマンド動画配信により行いました。

Y. Masuda, J. Nagayama, T. Y. Cheng, T. Ishihara, Y. Momiyama, and M. Hashimoto, “Variation-Tolerant Voltage Over-Scalable Design with Critical Path Isolation and Bit-Width Scaling,” International Workshop on Logic & Synthesis (IWLS), pp.136-142, July 2020.

IEEE ISVLSI2020 で発表

2019年12月から3か月間の短期研究生として当研究室で活動したIIT RoorkeeのKhyati KIYAWATさんがIEEE Computer Society Annual Symposium on VLSI (ISVLSI 2020)で研究成果の発表(オンデマンド動画配信)を行いました。発表タイトルは “Real-time Minimum Energy Point Tracking Using a Predetermined Optimal Voltage Setting Strategy” です。この成果はKhyatiさんが当研究室に滞在した3か月間で実施した研究の結果です。